穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

アジア主義者の肝試し ―京橋区の幽霊旅館―

 

 毒が残っているやも知れない、素人捌きのフグ鍋を、好んで囲んだ江戸っ子のように。


 あるいは狭い室内で、無数の兎を撃ちまくり、点数を競った仏人のように。


 男というのは度胸試しが好きでたまらぬいきものだ。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20201211170222j:plain

長谷川哲也『ナポレオン ―覇道進撃―』1巻)

 


 これもまた、その一例に数え入れていいかもしれない。


 ――関東大震災以前。アジア主義の理想に燃える血気盛んな青年諸君、所謂大陸浪人どもが、殊更贔屓にした宿が、京橋区の一角に存在していた。


 格別眺めがいいのでも、舌を蕩かす料理が出るでも、美人女将が帳場に立って居るのでもない。彼らの興味をガッチリ掴んで離さぬ要素は、まるきり別の場所にある。


 この旅館は、怪奇現象のメッカであった。


 二階の、特定の部屋で休んだ者は、必ず恐怖体験を味わわされる。彼らは自分がいつ眠ったのか気付かない。この部屋で見る夢は決まって一つ、寝る前と寸分違わぬ室内で、布団に仰向けの体勢のまま、金縛りに遭っている己を発見するところから始まるからだ。


 どんなに意志を籠めようと、この金縛りを解けた者は嘗て無い。現実の肉体は家鳴りするほどのたうつ・・・・が、夢の意識は決してそれに気付かない。


 そうこうする間に、視界に異変が映り込む。天井の板敷を透過して、なにか途轍もなく恐ろしいものが降りてくる。


 この「恐ろしいもの」は、人によってまちまちだ。

 

 

Former Kyobashi Ward Office

 (Wikipediaより、京橋区役所)

 


 宮崎滔天はいつも全身血塗れの女に布団の上からしかかられた。宮崎は女に罪を作っているに違いないと、仲間たちは大喜びで冷やかした。


 清藤幸七郎のところには血みどろの牛の頭がやって来た。清藤の好物は牛肉である。あんまり多く喰い過ぎた所為で牛の祟りを受けたのだろうと、これまた同志たちがおちょくった。


 尾崎行昌頭を割られたしわくちゃの老婆に怨めし気に睨まれた。むろん見覚えなど塵ほどもない。誰にも因果関係が解けず、反応に困り、この尾崎行雄の末弟については自然と棚上げの形になった。


 孫文が来日した際も、アジア主義者らは面白がって彼をこの部屋に泊めている。案の定、夜半になって七転八倒する音が旅館内に響き渡った。翌朝ふらつく足取りで部屋を出てきた彼を囲んで、夢の内容を訊ねると、孫文は苦っぽい微笑を口元に浮べ、


「Only bad dream」


 ただこの三語を繰り返し、それ以上は頑として口を割ろうとしなかった。


「怪力乱神を語らず、でもあるまいに」


 日本人はひどく不満に思ったという。

 

 

Sun Yat-sen,Tōten Miyazaki

 (Wikipediaより、中国同盟会。前列右端が孫文、後列中央が宮崎滔天

 


 以前殺人事件が起こったわけでも、刑場跡に建ったのでもない。天井裏を調べても、お札一枚見つからなかった。


 およそ呪いが発生すべき下地なんぞは一切ないにも拘らず、何故かそういう現象が起こる。起こってしまう幽霊旅館。どこかSCPに通ずる理不尽さ。こういうタイプの怪談はけっこう好みだ。アジア主義者が贔屓にしたのも頷ける。


 ついでながら、私は昨晩夢を見た。


 草原を騎馬で疾走中、みすみす敵の罠に陥ち込み、捕縛され、記憶消去装置に座らせられる夢である。


 その所為かどうか知らないが、目覚めて二分で夢の九割方を忘却していた。


 なんとも残念なことである。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ