穢銀杏狐月

書痴の廻廊

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

※当ブログの記事には広告・プロモーションが含まれます

アカの犬


 地獄の、悪夢の、絶望の、シベリア捕虜収容所でも朗らかさを失わぬ独軍兵士は以前に書いた。「我神と共にあり」と刻み込まれたバックルを身に着けお守り代わりとし、軍歌を高唱、整々として組織的統制をよく保ち、アカの邪悪な分断策にも決して毒されなかったと。

 

 

(ドイツ軍楽隊)

 


 顧みるたび、げに清々しき眺めよと、感心せずにはいられない。


 人間には、男には、たとえ生命いのちを奪われようと曲げない筋があるべきだ。


 ドイツ人はそいつを持っていたらしい。


 だからこそ獄中、転向し、ロシア人どもに媚びを売り、本来的な同胞兵士を叩き売る、はらわたの腐った人非人、裏切り者の下衆野郎に対する指弾は凄まじいまでのものだった。

 

 

 


 浅原正基という奴がいる。


 もとを糾せば一介の上等兵に過ぎないが、こいつがまた、典型的な人の皮を被っただけの畜生で、敗戦、抑留、シベリア送りにされるや否や大急ぎで真っ赤に染まり、しかも彼の動機ときたら共産主義の理想に共鳴したからとかではまるでなく、ただひたすらに己一個の身の安全を保ちたいが為だけで、そういう烈しい自己保存の欲望に基盤を置いているだけに、主人の愛顧を得るためならば何をしでかすかわからない、不気味なものを持っていた。


 事実として浅原は自分が如何に模範的な囚人か監視者たちに示すため、密告、中傷、吊し上げを濫用し、日本人を売って売って売りまくり、その「献身」の報酬として江戸時代の牢名主にも劣らない絶対的な権力を収容者の間にて確立させることとなる。


「シベリア天皇の称号までをも克ち取った、そういう浅原の存在は、いつしか彼の地区ばかりでなく、何千キロも離れた先の収容所にまで響き渡ったようだった。


 以下に示すは香川庄市なる姓名の抑留者の証言だ。

 


「私はノリリスク、バム沿線にいて、浅原一派に接したことはないが、昭和二十九年九月、バム沿線にいたとき浅原のことは外国人間でも知れ渡っていたと見えて、ドイツ、オーストリア人は私等に、ハバロフスクには浅原という日本人のソバーカ(犬)がいるそうだ。もしわれわれの仲間にそんなソバーカがいたら、一日も生かしておけない。日本は、満洲で随分とソ連軍に痛められたときくが、痛められた上になおソ連の犬をするような日本人がいるから日本は負けたのだ』といわれたことがある」

 

 

(ノリリスクの位置)

 

ハバロフスクの位置)

 


 ごもっともとしか言いようがない。


 あれだけ手ひどく敗れてもなお、「ハイルUSA」――「Heil unsere serige Adorf」天にましますアドルフ・ヒトラー万歳を絶叫できる民族だ。


 言葉の重みが違うのである。

 

 

(車上のヒトラー

 


 多くの日本人捕虜を凍土に死なせた浅原は、一九九六年、ほぼ世紀末まで永らえた。


 ソヴィエト連邦の崩壊を、当然その網膜に焼きつけてから逝ったろう。


「歴史は我々および我々と同じように考えたすべてのものを敗訴させた」というエンゲルスの嘆息を、果たして想ったか、どうか。


 べつに知りたくもないことだ。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

マイト夜話 ―ニトロとアルコールの出逢い―


 酒の肴に工夫らは、ダイナマイトを嗜んだ。


 その頃の鉄道省の調査記録を紐解けば、明らかになる事実であった。


「その頃」とは大正後期、日本に於いても津々浦々でトンネル工事が盛んになってきた時分。


 掘削作業の能率を飛躍的に高めた発破、それを為すためのダイナマイトを、しかし現場の労働者らがしきりとちょろまかすのだった。

 

 

Caisse dynamite nobel paulilles expo

Wikipediaより、ダイナマイト)

 


 それで何をするかと言えば、刺身にして食すのである。


 このあたりで筆者わたしは一度、我が眼を疑い顔を上げ、眉間を強く揉みほぐし、二、三度深呼吸をした。


 それで視線を紙幅に戻せど、むろん文面は変化せず。ダイナマイトを肴にして呑む酒は、酔いのまわりが非常に早く、陶然たることまるで浄土に遊ぶが如し――。


 そんなイカレた証言が、しっかり記載されていた。


 まあ、そりゃあ。ダイナマイトの要たるニトログリセリンの効果としては、自他を吹っ飛ばすのみならず、狭心症の薬としても機能する。舐めると甘いとも聞いた。血管を拡張する以上、アルコールとのちゃんぽんは、おそろしく相性良いだろう。

 

 

アルフレッド・ノーベル

 


 しかし、にしても、酔わんがために爆発物まで喰らうとは、あんまりにも見境のない、まるでロシア人の所作ではないか。パンを用いて靴クリームに含まれるアルコール分を抽出し、かっ喰らっていた連中と、本質的に大差ないように思われる。


 なお、ついでながらロシアといえば、前回、前々回と立て続けに触れてきた、『現代世界通信』中に、――清澤洌の例の著作の内部には、ソヴィエトロシアの歴史的ビッグイベントである大粛清の記述もあって、コミュニストどもが如何に異様な眼差しで列国から視られていたか、よく分かるようになっている。

 


ヴォルテールは神が存在しなかったら、人間は神を発明したであろうといった。同じやうにソ連においては反革命陰謀がない場合には、これを発明することを必要とするだらう。それはその組織の不可分なる構成分子である。ソヴィエト政府即ちスターリンの実力は、常に誇示されなくてはならぬ。そして彼の敵に対する勝利は、たえず祝賀されなくてはならぬ。…恐怖による政治は、何人をも常に恐怖させておくことを必要とする。この不断の恐怖は人間をヒステリーに導く。そしてそれは劇化ドラマタイズされねばならぬ。裁判はその劇化の一現象だ」

 


 これは『デイリー・テレグラフ記事を清澤が和訳したものだ。

 

 

Stalin Image

Wikipediaより、スターリン

 


「ロシアの士官団の能率は近時の銃殺と逮捕の故に毀損された。そしてその逮捕は単に軍隊上層部に止まらないのである。ロシアにおける最も有能なる司令官は殺され、それ等の事実から士官団の中には恐怖と阿諛の精神が満ちてゐる

 


 同様にマンチェスター・ガーディアン』から。


「最も有能な司令官」とは、赤いナポレオン、トハチェフスキーあたりだろうか? 候補、すなわち粛清された軍人があまりに多過ぎ、どうもいまいち絞り切れない。


 清澤自身の観察、あるいは意見としては、

 


「被告が死刑を前にして何故に『私はスパイであります』『私は売国奴であります』とスラスラ自白してゐるかについては、殊に英国辺においては、その『自白』を信じないだけに、一般の謎とされてゐる。拷問、恐喝といふやうな普通の想像以外に、ロシアでは特別な薬物が発見されて、これを飲ませると被告が検事の云ふ通りに自白するのだといふやうな記事が、まことしやかに新聞にのって居り、また催眠術にかけるのだらうと書いてゐたものもある。ロシア人の心理状態は到底欧州人には分らぬといふのが、かれ等自身の優越感を加へての感想であろう

 


 まず、このあたりが相応しかろう。

 

 

赤軍兵士)

 


 いずれにせよ、だ。「ロシア人と同レベル」という評定は、日本人にとり決して名誉なことでない。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

堂々めぐり、暑い日に


 清澤洌は円安ドル高を憂いている。


 あるいはもっと嫋々と、嘆きと表現するべきか。


 昭和十三年度の外遊、十ヶ月前後の範囲に於いて、何が辛かったかといっても手持ちの円をドルに両替した日ほど消沈したためしはないと。

 


「…僕等にとっては千円といふ金は大変な額だぜ。その血の出るやうな千円が、ドルにすると二百八十何弗しか手に這入らないのだ。単位を下げてみても同じだが、百円が二十八弗なにがし、十円が二弗八十何セント。この為替をかへた時ほど淋しい気持になることはないよ。大きなゴム毬だと思って抱いてゐたのが、いつの間にか空気がぬけて、しぼんでしまったといふのがその感じだ

 


 前回同様、『現代世界通信』からの抜粋である。


 この感覚は現代人の心境に、そっくりそのまま当て嵌まる。またも一ドル百五十八円に達したとか達さないとかで顔色を赤くしたり蒼くしたり忙しい、令和六年六月現下の日本人の心境に――。

 

 

 


 既視感というか、焼き直しというか。


 人間とはなんとまあ、性懲りもなく飽きもせず、使い古された脚本を、役者のみを入れ替えて繰り返し上演し続ける、学習機能の麻痺しきった生物か――と、いい加減うんざりさせられる。


 この辟易すら、また同じ。擦り切れるほど繰り返された、厭世主義者の口癖みたいなものなのだ。


「私はすべてのことを感じた。そしてこのすべてがいづれも既により巧妙に語られてゐることを発見した」。ーー個人的に贔屓にしている厭世の卸問屋たる、生田春月の例に徴して明々白々だったろう。

 

 

 

フリーゲーム『×× 』より)

 


 ……どうも思考が捨て鉢というか、無気力・悲観に傾きがちのを自覚する。


 きっと陽気の所為だろう。気温と湿度が上昇すると、つい生きるのが気怠くなって、視界に映るなにもかもが気に障り、負の感情の増幅にもはや止め処もなくなって、ひたすら暗い方面へ、人間性の深淵へ、意識が押し流されてゆく。


 夏に怪談が流行るのも、同じ理由からではないか? 死の暑さとは、なるほど言い得て妙だった。死を想うには、夏こそもってこいなのだ。


 ああ、今年もまた一年で、いちばん厭な季節がやって来てしまう……。

 

 

 


 真夏日日数最多記録の更新だけはやめてくれ。去年のアレは思い出したくもない悪夢。天に祈りよ届けよと、今から願を懸けておく。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

トリコロールは不安定


 フランスは難治の国なのか?


 短命政権の連続に、しばしば暴徒と化す市民。


 彼の地の政情不安については明治期既に名が高く、陸羯南の『日本』新聞社説にも、

 


 ――仏人は最も人心の急激なる所、近二十一年間に内閣の交迭せる、前後二十八回の多きに及ぶ。

 


 このような一節が確認できる。

 

 

(『世界国尽』より、パリ)

 


 要所要所で政治的に死に体となり、一歩まかり間違えば、欧州すべての禍乱の震源地にもなる。これはもう、フランスという国民国家につきまとう、ある種の宿痾といっていい。


 一九三〇年代に至ってはその傾向がますます酷く、当時欧州各国を巡歴していた清澤洌に、

 


 ――世界の悲劇はフランスである。

 


 と慨嘆せしめたほどだった。


 左様、清澤。


『暗黒日記』の著者として、近現代史に興味を抱く者ならば、一度は聞いた名であろう。

 

 

 


 その清澤が示すのである、

 


政治の不安定は、パリの都につぐ仏国の一つの名物である。仏国に人民戦線政府が出来たのは、約二ヶ年以前であった。その二ヶ年の間に内閣が変はること五回である。しかしこれを必ずしも人民戦線の責任に帰してしまふのは公平ではない。その前の四ヶ年の間、中間勢力ラヂカルが中心になって居る時に当って、内閣の変更は実に十一回に達したのである。…(中略)…仏国の内閣の寿命が、過去六ヶ年の間において、五ヶ月平均である以上、どこの国の政府が真剣にこれと提携するを得よう

 


 ほとんど非現実的なまでの数字、統計を、昭和十三年師走に著した、『現代世界通信』中で――。


「インドの山奥もフランス政界ほど危険ではない」というクレマンソーの箴言も、このへんに由来がありそうである。


 ちなみに本書のページとページの間には、色褪せきった短冊が、身を慎むようにして独りひそかに挟まっていた。

 

 

 


「昭和十五年三月」


 と読める。


 一番最初の所有者の記念か何かであっただろうか。

 

 

 


 本書に於いて清澤は、フランスが行き着く先として、「現在の政情不安が続く限り、極端にいへば英国の衛星の一つに堕」するであろうと悲観的に書いている。


 的外れとは言い得ない。事実として彼の国の政治的脳死状態は、結局アドルフ・ヒトラーに、ナチス・ドイツに国土を蹂躙されるまで改善されずに持続した。


 上が腐りきっていればこそ、鉤十字の軍勢はああまで華麗な電撃戦を成し遂げられたと言うべきか。


ヒトラーを起したのは仏国であるとある人はいった。ことに一九三二年前後において仏国がドイツに再軍備要求を認めなかったことは、ドイツ人をして窮鼠却って猫を噛むの態度に出でしめた。ドイツ人はその譲歩が、却って相手の増長を来す以外の何物でもないことを心読せざるをえなかった」、――これまた『現代世界通信』中から。なかなか冴えた観察だ。

 

 

Hitler, Speer y Breker en París, 23 de junio de 1940

Wikipediaより、エッフェル塔の前のヒトラー

 


 そういえば半月ほど以前にも、ニューカレドニアで、フランスの海外領土にて、先住民の暴動発生、マクロンが対応に追われていたが、あれは結局、どのように始末をつけたのだろう。


 三色旗トリコロールも苦労が多い。彼らの不名誉な名物は、依然盛んであるようだ。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

志士の慷慨 ―不逞外人、跳梁す―


 外国人に無用に気兼ねし、何かと腰が低いのは、日本政府の伝統である。


 明治政府もそうだった。


 昨今取り沙汰されると同様、日本人が相手なら些細なルール違反でもビシバシ取り締まるくせに、外国人の違法行為に対しては、遠慮というか妙な寛大さを発揮して、いわゆる不起訴で済ませてしまう。それをいいことに当の外国人どもはますます増長の一途をたどる。

 

 

(『Ghost of Tsushima』より)

 


エコノミスト』初代の主筆佐藤密蔵という人は、学生時代たまたま遊んだ横浜で、立派な身なりの英国人が何か気に喰わぬことでもあったか邦人車夫をステッキで滅多打ちにしている現場に遭遇し、


 ――これが「紳士」のやることか。


 と、途轍もない衝撃を受け、それまで「近代国家」というものに漠然と抱いていた憧憬が反転、イギリスという国そのものに抜き難い嫌悪を抱くに至り、ついに終生、この観念が離れなかった。


 ――英国の平和論の如きは娼婦の空涙より信じ難い。

 

 ごくさりげない一節中にも、生々しい実体験が活きている。


 同じころ、日本各地に実に多くの佐藤密蔵がいただろう。

 

 

 


「蓋し西洋人の我国に渡来するは、固より利益の為めにして他志あることなし。且異俗の異郷に来り、人の耳目も左まで憚るに足らざれば、自から品行の取締を失ひ、ややもすれば本国に在て犯すべからざる事をも、異郷の暗に乗じて犯さんとするものあり。――福澤諭吉『時事新報』に苦々しさを隠さない。


 日本の法律、日本の習慣、日本人の人権を、毫も斟酌することなしに、好きに振舞う不逞外人。彼らが野放しである現実に、在野の志士らが如何に悲憤慷慨したか。


 就中、陸羯南の筆鋒は、とりわけ烈しいものだった。

 


「納税遵法は臣民普通の公義務なるに、或る地方の県知は此の公義務を肯んぜざるの外人を吾が良民と雑居せしめ置くの已むなきを見る。治安風俗の取締は独り外人に及ぶ能はざるのみならず、甚しきは外人に遠慮するよりして内民にも放漫す。…(中略)…検疫衛生の法も動もすれば充分の効用を得ず。宗教の如きは或る宗門に向ひて腫物に障はるが如き陋状を呈す。一々仔細に吟味し去らば、対外卑屈の精神よりして内治に及ぼすの影響は豈に此に止まらんや。対外軟の弊亦甚し」

 


 郷に入って郷に従えない奴は、人間扱いする価値がない、人に非ずとまで言った。

 


何れの国人たるも既に来りて我土を履み我国に住する以上は、義に於て我が帝国の利益を重ずるを要す。条約上に口を藉きて不逞亡状を働くは人に非るなり

 

 

 


 およそ彼の世にあってすら「時代遅れの攘夷家」呼ばわりされようと、決して所信を曲げようとはしなかった。

 


対外軟の精神は対内酷の心なり。苟も外国人の意に投ずるを得ば、内国民の害は殆ど問ふことなし。吾輩は此に独り現政府のみを攻撃するにあらず。二十年来の精神は皆な然ることを断言す。要するに内外政治の百弊は其の源を対外軟に発す。内治外交の革新を仕遂げんと欲せば対外硬の精神を起せ

 


 現代日本の世相に対し、羯南は一服の清涼剤として機能する。

 


「東京は万線の焦点なり、単に政治の焦点にはあらざるなり。往昔幕府の隆んなる、江戸と称して将軍の御膝元と云ひ、其の経営に向て殊に意を用ひたり。

 今や封建の制廃れ郡県の政興り、東京は一の自治体たるに至れりと雖も、実に 聖天子の御座所にして文武百官の在る所なれば、帝国の首府として之が経営を為すは敢て幕政に譲るべからず

 


 都知事選の候補者は蓋し傾聴すべきであろう。

 

 

Tokyo Metropolitan Government Building Oka1

Wikipediaより、東京都庁

 


 このタイミングで彼の著書を手にしたことに、幸運以上の「運命」を感じずにはいられない。


 羯南の魂を継承する日本人が一人でも多からんことを、ひたすら希うのみだ。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

南洋に夢を託して


 小学校のカリキュラムにも地方色は反映される。


 九州鹿児島枕崎といえば即ちカツオ漁。江戸時代に端を発する伝統を、維新、開国、文明開化と時代の刺戟を受けながら、倦まず弛まず発展させて、させ続け。昭和の御代を迎える頃にはフィリピン諸島や遠く南洋パラオまで、遥々船を進めては一本釣りの長竿をせっせと投げ込みまくったという、意気の盛んな港町。

 

 

Makurazaki-STA Entrance

Wikipediaより、枕崎駅

 


 かかる熱気はひとり港湾のみならず、小学校の授業風景にまで伝わり、浸潤し。通常の教科書以外にも、手製の海図を壁に張ったり、配ったり。カツオを乗せてやってくる暖流の長大を指し示し、


 ――我らの活路は南方にあり。


 と煽った教師もいたようだ。


 そりゃあ漁場開拓も進む道理であったろう。教育はまさに百年の計。カツオ節生産日本一の栄光をやがて恣にする、地道な努力の一環だった。

 

 個人的な情念をぶちまけさせて貰うならーー。


 海なし県に生まれ育った所為なのか、およそこの種の話には、妙にわくわくさせられる。


 浪漫を感じて仕方ない。信玄公もきっとそう・・だったのだろう。駿河を得た日の嬉しさは、実利や打算を飛び越えて、堪らぬ強さであったはず。


 長年「海」に憧憬あこがれ続けた、その心境に、大抵の甲州人ならば共感可能だと思う。甲斐の天地はどうしようもなく、確かに一個の盆だから――。

 

 

(横須賀にて撮影)

 


 まあ、それはいい。


 話頭をカツオに引き戻す。


 薩摩ではなく、紀州だが。現に長年、カツオ漁に従事して、太平洋の苛烈な日射と荒い潮風を浴びまくり、皮膚をすっかり赤銅色に染め上げた、漁師の直話が奇しくも伝えられている。


 彼の名前は井上辰彦


「まあ、惚れた女を手に入れるのと丁度同じ要領ですね」 


 洋画みたいにウェットに富んだセリフから、その話は開始はじまった。

 


こゝへまづ大変好きな人があってやっと会ふことが出来たといふのですぐさま単刀直入に求婚の申込みをしたとしたらどうでせう、是は野暮と云ふものでそこによろしく恋の駈引あって然るべきもので、是が即ち鰹魚群飼附の苦心と技術のコツなんです、漸く発見した魚群の鼻先にいくら好餌をさしつけても十中八九は失敗です、焦らず騒がずぼつぼつ機嫌もとる事でまづ後の方でマゴマゴしてゐる奴に生きた鰯の餌をちょいちょい投げてやります、先方に思召のない時はいくら撒いても見向きもしない、こんな場合は男らしくあっさり諦めてさっさと引揚げることで、もし其餌をパクリとやったらしめたもの、彼女は確にこっちのものです。やがて魚群は進行を止めて、『なんだなんだ』てな具合に船の周囲に寄って来ます、そこを見はからって全力を挙げて生餌を撒けば先方はもう夢中だ、よって愈々船を止めて習慣によって左舷を風下にして全員又左舷に並列して船頭の命令一下竿は上下に躍動して此に痛快な鰹釣りが開始される」

 


 立て板に水を流すが如し。


 頭の中に自然じねんとその風景が描かれる、見事な談話術である。

 

 

(カツオ節の製造過程)

 


 これも教育の賜物か。流石に二十世紀ともなると、漁師もなかなか弁が立つ。


 権利の主張や、労働条件の改善のため。立たなければやってられない時勢であった。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

 

遊廓に 乳飲み児連れて 登楼る馬鹿

 

 女房に先立たれてから後のこと。


 文人・武野藤介は彼女の遺した乳飲み児をシッカと胸に抱きかかえ、遊里にあそぶを常とした。


 誤字ではない。


 遊里である。

 

 

(島原大門)

 


 金を払って美人とたわむれる場所だ。


 そこへ赤子連れで行く。


「こうすると芸妓おんなにモテるんだ」


 それが理由の全部であった。


 人間のクズといっていい。


 とんだ子連れ狼だった。


 更に輪をかけて度し難いのは、武野が己の行状を後ろめたく思うどころか、こんな巧みな遣り口を発見したこの俺は、なんて頭がいいのだろうか――と、むしろ自慢げに吹聴して廻っていたことである。

 


芸妓はその職業的必要から女性としての母性愛を圧殺してゐる、だから赤ん坊を連れた男などに会ふと、俄然その母性愛の蘇へること急湍の如く、つまりは赤ん坊の父であるボクがモテる結果になるのだよ

 


 ついには衆の面前で、理論の闡明までやった。

 

 

 


 ちょっとした心理学者気取りであった。


 現代ならば確実に顰蹙ものだろう。


 大炎上して火達磨となり、二度と世間の表面に浮かび上がるを許されないに違いない。


 だがしかし、大正・昭和の文学者らの倫理水準からすれば、こんなのは決して珍しくない、茶を飲みながら気軽にやれる日常会話の域を出ぬ。


「まったく人心は堕落した」


 明治の昔が懐かしい、あの頃はまだいくばくかマシな空気が吸えていた――と、当時にあってボヤいているのは江見水蔭


 武野より、ほぼ二十年ほど先んじて生を享けた人物である。筆を執るのも、従ってそれだけ早かった。大衆作家の草分けとして今ではもっぱら名が高い。晩年物した『明治文壇秘話』に於いて江見は云う、

 


「…素行上の問題で明治文壇の権威山田美妙も遂に社会から葬られてしまったが、併し今日の所謂新しい文士達から見ればその位の事は何んでもない。或る有名な文士は人の細君と一緒に逃げてブランコ往生を遂げて蛆がわいてしまった、又ある有名な某大家は自分の近親を孕ませて、孕せた事実を告白的に小説に書いて、それが非常に歓迎された、最近では自分の細君を友達に譲り渡して連名で披露文を送った人もある、斯う云ふ方面から見たならば美妙は可哀そうだ、少しも葬られる所はなかった、今日では文士がさう云ふ事をしても葬られるどころではない、それがエライと礼讃されるんだからどうも恐れ入ってしまふ」

 


 と。


 恋愛の神聖が笑わせる。

 

 

Suiin Emi

Wikipediaより、江見水蔭

 


 作品の出来と作家自身の人品は、やはり切り離して考えるべきであるらしい。大震災の焼け跡に立小便して快哉を叫んでいたという、生田春月が嘗て伝えた青年詩家の逸聞も、これでますます信憑性が高まるというものだった。やるよ、確かに、あの時代の連中ならば、その程度――…。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ