穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

渋谷東急の古本まつり


 閉店の迫る東急百貨店・渋谷本店――。


 昭和九年の開業以来、86年の長きに亘って渋谷の街を見下ろしてきた、その西館8階で、目下古本まつりが営まれている。

 

 

Shibuya-Hachikomae-Square

 (Wikipediaより、2010年頃の東急東横店)

 


「さよなら東急東横店 渋谷大古本市」と銘打たれたこの催し事。


 コロナウィルスが蔓延の兆しを見せている現状、人混みはなるたけ避けるべきであるのだろうが、それでもこればっかりはどうしようもない。ちょっと顔を出してきた。


 甲斐あって、少なからぬ良書を発掘できた。中でも最大の収穫は、この鮎川義介先生追想録』であったろう。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20200220171406j:plain

 


 日産コンツェルン創業者・鮎川義介が世を去った、その翌年の昭和四十三年に編纂されたこの書物。岸信介中曽根康弘正力松太郎といった錚々たる顔ぶれが名を連ね、鮎川との思い出を語り、以って彼の死を悼んでいる。


 書棚に並ぶ『百味箪笥 鮎川義介随筆集』が、あるいは引き寄せてくれたのか。この出逢いには運命を感じずにはいられない。目を通すのが今からとても楽しみだ。

 

 

創業家一族

創業家一族

 

  

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ