穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

弾丸小話 ―武士の銃創消毒法―

 

 縄を用意する。


 川に入る。


 傷口に上の縄を通して、ゴシゴシと、激しく前後に運動させる。


 貫通銃創を喰らった際の、武士の消毒術だった。


 むろん、痛い。


 呼吸困難を起こすほど痛い。


 目から火花が迸るとはこのことだ。そのまま拷問に転用されても誰も不思議に思うまい。


 が、だからといって激痛を厭い処置を怠ろうものならば、もっと陰惨な結末が口を開けて待っている。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210519170705j:plain

 


 戦場が武士の檜舞台であった時代。鉄砲といえば、即ち火縄銃を指す。


 弾は丸く、鉛製で潰れやすい。それが逆に厄介だった。命中すれば身体の中で砕け散り、非常に広範囲に破壊が及ぶ。早い話がダムダム弾の要領だ。よしんば即死しなくとも、破片を残して穴を塞いでしまった場合、そこから徐々に汚染が広がり、衰弱の果てにお陀仏か、軽く済んでも廃人化する破目になる。


「鉛中毒」――この単語にまとわりつくおどろおどろしさは伊達でないのだ。ローマ帝国が上下を挙げてさんざん証明した通り、重金属の悪影響は全く以ってえげつない。人間を人間たらしめる能力を、いとも容易く奪ってしまう。


 前述の通り、弾は潰れて広範囲に喰い込んでいる。いちいち手作業で摘出するのはとてものこと煩瑣に過ぎよう。荒っぽくとも、縄でしごいて繊維に捉え水に流してしまうのが、当時に於ける理に適った作法であった。


 有名どころを挙げるなら、旧幕臣江原素六が戊辰の役で被弾した際――市川・船橋戦争で脚部に三発――、この遣り口を実践し、どうにか一命をとりとめている。


 目ん玉ひんむき、


 歯を食いしばり、


 白いあぶくを噴きながら、


 この試練に耐えたのだ。

 

 

Soroku Ebara

 (Wikipediaより、江原素六

 


 以上、『AK-47 最強の銃 誕生の秘密』を観た勢いで、思いつくまま書き殴った次第であった。


 折角なので、ちょっと蛇足を付け足しておく。


 弾はなかなか当たらないもの。欧州大戦の塹壕戦では兵士一人を殺すのに、彼らの平均体重の二倍の弾が要ったという。


「たまたま当たるからタマと言うのだ」――これは決して馬鹿話ではない。


 まあ、だからといって安心していい要素なんぞは少しもないが。


 近代戦の物量は狂気だ。


 日露戦争全期を通して我が陸軍がぶっ放した砲弾およそ百万発を、フランス軍はものの三日で使い果たした。1915年、シャンパーニュの会戦に於けるレコードだ。「砲弾で地上を耕さねばならぬ時勢になった」と驚異も露わに書いたのは、旅順で右手を吹っ飛ばされた軍事作家の櫻井忠温その人だった。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210519171221j:plain

(櫻井忠温)

 


 小銃から大砲へと話がズレたが、どうせ蛇足だ、構うまい。今吐き出さねば、ついに再び触れる機会はないかもしれぬと予感したのだ。例の私の覚え書き、『糟粕壺』にはそうなって・・・しまった・・・・ネタの類が割とある。

 

 

AK‐47 最強の銃 誕生の秘密(字幕版)

AK‐47 最強の銃 誕生の秘密(字幕版)

  • 発売日: 2021/01/22
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

 
ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ