穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

雑誌広告私的撰集 ―昭和26年のウィルキンソン炭酸水―

 

 先日紹介させてもらった『酒のみとタバコ党のバイブル』は、繰り言になるが月刊雑誌の亜種である。


 雑誌なだけに、広告がふんだんに載せられている。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210722170342j:plain

 


 扱っているテーマがテーマだからであろうか。胃の薬だの保険だの、健康絡みの商品がとかく目につく印象だ。


 中にはこんなあやしげなモノまで存在している。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210722170429j:plain

 

 

「緑の血」アメリカで話題の葉緑素、グリンポール注うんぬん。ざっと字面を追う限り、どうも葉緑素の皮下注射を奨めるものであるらしい。


 効果の方を覗いてみると、


 胃潰瘍・腸潰瘍・貧血・動脈硬化・高血圧・過労・食欲減退・不眠症結核をも治癒せしめ、


 顔面からはニキビやソバカス、小皺が消えてつるっつるのたまご肌が出来上がり、


 老化の所為で減退気味の精力さえも甦るという、


 エリクサーすら思わず一歩を譲りかねない絢爛たる謳い文句で満ちている。


 貴重なカラー刷りのスペースを贅沢に使っているあたり、結構な数の愛用者が居たのだろうか。


 まあ、ヒロポンといって覚醒剤が注射器ごと売られていたご時勢だ。


 体に針を突き立てることへの精神的抵抗も、遥かに低かったのだろう。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210722170950j:plain

 


 ウィルキンソンの炭酸水をみつけた時は、流石にちょっと驚いた。この段階――昭和二十六年――から既に定番だったのか。


 定番といえば、日清サラダ油の姿も見える。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210722171123j:plain

 


 容器が瓶だ。


 プラスチック台頭以前なのだから自明の理であるものの、なにやら妙に時代を感じて趣深い。

 

 

  

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ