穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

「セキロ」の音から浮かぶもの

 

 正直に告白すると、「セキロ」と聞いていの一番に私の脳裏に奔るのは、「赤露」の二文字に他ならなかった。


 赤露――赤色ロシア、すなわちソヴィエト連邦の古い呼び名だ。理由はわかりきっている。このような本を読み漁った影響だろう。

 

f:id:Sanguine-vigore:20190322120830j:plain

 

 


 この固定観念をこなごなに打ち砕いてくれるほどの衝撃を本作に望む。「セキロ」と聞けば隻腕の狼が真っ先に浮かんでくるように、脳の回路を組み替えてくれ。そう願ってやまないのだ。

 

f:id:Sanguine-vigore:20190322121015j:plain

 

 

 

白銀の雪上
駈けらんとする狼よ
われらしはしは屡々
狼ならんとすることあり
――生田春月――

 


 いざ、参る。

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ