穢銀杏狐月

書痴の廻廊

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-02-01から1日間の記事一覧

書見余録 ―第一次世界大戦と鈴木三重吉―

前回に続き三重吉である。 彼の随筆から特に選んでもう一つ、ぜひとも紹介しておきたい章があるのだ。その名も、 欧州戦争観 愉快な戦争 題名からしてもう既に、これ以上ないほどふるっている。 内容の方でも三重吉の勢いは止まらない。 私にはただ一俗人と…