穢銀杏狐月

書痴の廻廊

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

※当ブログの記事には広告・プロモーションが含まれます

渡島篤農ものがたり


 篤農という単語自体が死語となりつつある現下、藤田市五郎の姓名を記憶している日本人が果たしてどれほどあるだろう。


 北海道の農業を開拓したひとりだが、屯田兵ではないようだ。


 それよりもずっと根が深い。


 淵源は実に十八世紀、寛政元年時点にまで遡り得る。


 徳川将軍は十一代目、家斉が治めるご時世で。――八五郎という人が、どうした事情に由るものか、盛岡藩二戸郡から態々この地渡島にやって来て、荒れ地に鍬を打ち込んだ。

 

 

(『農具便利論』より、鋳鍬にて畑を耕す図)

 


 以来由蔵、市五郎と、三代続けて土を掻く、「農」の家系を織りなして――。これだけ由緒を重ねれば、もはや地生えといっていい。


 さて、藤田市五郎。


 篤農家、開拓者なりと先述したが、具体的にはどんな仕事をやったのか。


 肝心要のその点は、本人の口吻をそのまま引こう。

 


「…二十歳の頃から親父に代って村の会合等に出てをりました、其頃の事ですが函館へ盛に毛唐の船が入ってきますが生憎函館には西洋野菜がない為毛唐も困るとゝもに食料を横浜あたりの農家に供給させる有様だったので、私は之は函館近郷で西洋野菜を植る必要があると思ひ早速札幌農学校の南博士の添書を貰ひ東京駒場農大に行き西洋蔬菜栽培の指導をうけ帰村後西洋野菜栽培を行ひました。初めは随分苦労しましたがお蔭で今日では大野村の西洋野菜は頭角をあらはしてをるわけです

 

 

Oshima-ono Station 20110827-1

Wikipediaより、渡島大野駅

 


 この回顧談をやったとき、市五郎はとうに還暦過ぎた身で、時代は昭和に移っていたが、それでも未だ外国人を「毛唐」と呼んでいるあたり、意識の固着が窺える。


「三つ子の魂百まで」まことなりということだ。


 なお、無用であるやもしれないが、一応補注しておくと――。


 市五郎に添書を与えた「南博士」は後の北大総長である南鷹次郎その人であり。


 市五郎が学んだという「東京駒場農大」はやがて東京大学農学部へと派生する、駒場農学校のことだろう。


 彼が上京した頃は、ちょうど同種の学校と合併を繰り返していただけに、名前が、こう、ごっちゃになって、混線した状態のまま記憶されたに違いない。


 日本で最初にゾウの解剖をやった人、田中宏教授とも、あるいは面識があっただろうか?

 

 

Komaba agriculture school

Wikipediaより、駒場農学校)

 


 そこまでは流石に知りようがない。


 ただ、飢饉の話は詳しくやってくれている。


 市五郎のかたりによれば、北海道渡島地方に大凶作は六回あった。


 明治二年と三年と、三十五年、三十八年、三十九年。そして大正二年にまたも、都合六度というわけだ。

 


「…一番悲惨だったのは明治三十五年でせう、農家は食料にさへ困った程で静かな夜に入ると遠近から力のない杵のうつ音が耳に聞こえてきた、それはわらびやその山に茂る食用雑草を臼でつく音で食物は澱粉でくづを作って食べるといふ有様だった、幸ひこの年は函樽線開通工事が起されたゝめ思はぬ仕事に農民がありつけて糧を他から求める資ができました。三十八年は前年の苦しみから相当準備もできた様でした」

 


 藤田市五郎はまた、西洋野菜の先駆の他にも、旧態依然の半ば化石化しかかった脳細胞しか持ってない百姓どもを説きまわり、大野村に備荒積立金を実施せしめた男としても名が高い。

 

 

(『製葛録』より、山に入て葛を掘る図)

 

 

 どこどこまでも功労者。彼の場合、「身を粉にして」がまったく比喩ではなかっただろう。


 よく働く人だった。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ