穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

ムッソリーニの「独身税」 ―多産国家イタリア―

 

 以下の内容は、あるいは一部フェミニストを激怒させ、血圧の急上昇による気死すら招くものかもしれない。


 結婚して家を成し、子供を儲けて血筋を後に伝えることは人間として最低限度の義務であり、且つうはあらゆる幸福の基礎であると規定した国が一世紀前存在していた。


 ファシズム時代のイタリアである。


 ベニート・ムッソリーニほど、人口増加奨励――「産めよ増やせよ」政策を強力に推し進めた政治家は、他に居ないのではあるまいか。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210120170704j:plain

ムッソリーニ、ローマ入城七周年記念式典にて演説中)

 


 彼は「避妊は国民の死滅、父に非ざる者は人に非ず」の警句を好んで用い、既婚者には優遇を、独身者には罰則を、それぞれ与えて憚らなかった。


 その最も露骨な例として、独身税の導入がある。


 これは二十五歳以上六十五歳以下の独身男性を対象とした税制であり、その細やかな内訳をみると、


 二十五歳以上三十五歳以下には年間七十リラを、


 三十六歳以上五十歳以下には年間百リラを、


 五十一歳以上六十五歳以下には年間五十リラを、


 それぞれ徴収したものであり、イタリア全土で平均五千万リラ程度の納付が見込めていたそうだ。


 この五千万リラの主な用途は産前産後の母体保護に宛てていたから、制度としては一貫している。


 そのほか結婚可能年齢を男子十六歳、女子十四歳に定めたり、堕胎を厳罰化してみたり、就職及び兵役上に各種の便宜を図るなどして多産を奨励した結果。ムッソリーニが実権を握った一九二二年から一九二八年までの六年間で、イタリアの人口はざっと二百万ほど増加した。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210120171225j:plain

ファシストのローマ進軍)

 


 みごとな成果といっていい。


 が、ドゥーチェにとってはまだまだ満足できないらしく。一九三〇年の四月には、更に思い切った政策を打ち出している。


 二人以上の子供を有する家庭には、相続税を免除するという太っ腹な方針だ。


 もっともこの言い方には多少の語弊があるかもしれない。ファシスト党は政権獲得早々に相続税を撤廃しており、今回それを、子供の数が二人未満の家庭に対し復活させたとした方が、より正鵠を射ていよう。


 さりとて復活させたとは言い条、三千リラ未満の相続に対してはやはり無課税で通しているから、弱者救済の意図は存在したと看做し得る。


 ローマ中の小学校の教室に古代ローマ帝国と現イタリアの地図とを並べ、更にその地図の上に、ムッソリーニ自身の筆で、


 ――太陽はローマ以上の大都市を照らしたことなし。


 とか、


 ――人口の増加は国運の隆盛を意味する。


 とかいった意味の文章が、墨痕淋漓と記されるという一種凄絶な光景は、このようにして成立したというわけだ。


 全体主義者のやり方は極端に過ぎるきらいがあるが、先進国で人口増加を図りたいなら、どうだろう、いっそこれぐらいの荒療治に打って出ねば到底不可能という感じもすまいか。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210120171549j:plain

ムッソリーニの息子たち、右がブルーノ、左がヴィットーリオ)

 


 当時のイタリアを跋渉した日本人に、布利秋の名前がある。


 愛媛出身の通信員で、旅行をこよなく愛好し、その性癖が昂じるあまり気付けば六十余ヶ国を股にかけ、都合九万三千キロを踏破していたという「剛の者」だ。


 一面奇行家としてもよく知られ、大正三年セオドア・ルーズベルト大統領に、


「東洋人に対する差別をなくせよ、さもなくば余と決闘をもって黒白を決定されたい」


 などという決闘状を送り付け、国外退去処分を喰らいもしている。


 そういう男の両眼に、「多産国家イタリア」はどう映ったか。


 せっかくなので付け加えておきたくなった。――以下、彼の小稿、ファシストを繞る文化運動』からの抜粋である。

 


 最近は双生児や三ツ子を産むものに対して、内務省は特に賞金を与へ、更に子沢山な家庭には、ムッソリーニ章を授与して、超スピードの人口増加政策に努力してゐる。これまでのイタリーは、ヨーロッパに於ける唯一の堕胎王国であって、各国から堕胎婦人が集まったのであった。そして、避妊、堕胎に関する良薬は、イタリーの専売でもあった。しかし、ファシスト政府が避妊堕胎を厳禁し、これまでの良薬は一切売買を禁止され、産児制限を目的とする薬品機具は、断然厳重な取締を受けるに至った。そのために避妊堕胎のヨーロッパ婦人は一大恐慌を来したのであるが、イタリー婦人だけは、フランスの産婦よりも、更に莫大な賞金を受けるので、我勝ちに産婦たらんとする傾向が現はれ、日に日に人口の激増を見るに至った。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20210120173521j:plain

(夕暮れのフィレンツェ

 

 

  これ以外にも布利秋は「イタリーの国情は帝王的独裁でなかったならば、労資協調の実は挙げ得ることはできない。この点は或る意味の方便であって、矢鱈に帝王権を振りまはすところに、イタリーの救世事業が完成に導かれる深い意義が存するのである」と書いたりし、ムッソリーニに対しては一貫して高評価をつけている。

 

 

帰ってきたヒトラー(吹替版)

帰ってきたヒトラー(吹替版)

  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: Prime Video
 

  

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ