穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

生命力のえげつなさ ―久方ぶりの山梨で―


 山梨は田舎だ。


 変化に乏しい。


 時間は駘蕩としてゆるゆる流れる。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20201230170214j:plain

 


 が、停滞までには至らない。あくまで「乏しい」のであって、絶無といっては言い過ぎになる。


 差異を求めてそこらを歩き、直面しては切なさに心慄わせるのも、私にとっては帰省の際の趣味の一つだ。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20201230170853j:plain

 


 今回はこんなものを見付けた。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20201230170325j:plain

 


 石垣の隙間から垂れ下がり伸びる房状の「何か」。


 一瞬、キノコかと思ったがそうではない。棘がある。丸薬めいた黒粒が、一定間隔で表面に配置されている。


(おいおい、まさか、嘘だろう。――)


 のけぞるほどに驚いた。これはサボテンではないか。

 

 

Brasiliopuntia brasiliensis pm

 (Wikipediaより、ウチワサボテン)

 


 瘡蓋みたく赤茶けているのは、山梨の気候に適わない所為か? どうも衰弱を思わせる色合いだろう。


 しかし植物には諦めるという機能がない。


 妥協を知らず、調和を思わず。ただ自己の種を、遺伝子を存続させるため、なりふり構わず足掻いてのける。本当に最後の一瞬間まで抵抗を止めない。だからこういうことになる。


 ああ、まったくなんという力強さか。


 この石垣に溢れているのは、まるで生命そのものだ。


 複雑煩瑣な人間社会に疲れた心に、この単純さはありがたい。


 よく洗浄された精神で、新年を迎えることが出来そうである。やはり偶には、故郷に帰還かえってみるものだ。

 

 

ゆるキャン△ (11) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

ゆるキャン△ (11) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

  • 作者:あfろ
  • 発売日: 2021/01/07
  • メディア: コミック
 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ