穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

社章にまつわるエピソード ―「E」を伝えた前島密―

 

 少々話を先取りしたい。


 前回の末尾でさも華々しくスタートを切った陸運元会社であるが、実際にこの社名が通用したのは明治五年から八年までと意外に短い。


 何故か。


 明治八年四月十三日の令により、内務卿大久保利通の名の下に、日本国内に点在するすべての陸運会社が強制解散に追い込まれたからである。

 


 諸国各道に於ける陸運会社の儀は、多くは官の勧誘を以て結社候より、往々私会の体裁を失し不都合に付、本年五月十一日限り、総て解社申付候に付、此旨布達候事。(『国際通運株式会社史』120~121頁)

 

 

Toshimichi Okubo 3

Wikipediaより、明治五年の大久保利通) 

 


 この災禍を免れた「例外」たるや、ひとり定飛脚問屋の末裔たる陸運元会社のみであった。


 これにて国内の陸運事業はまったく彼らの独占に帰し、それはそれでたいへんめでたい展開なのだが、しかし看板と現実の間に齟齬が生じたのは見逃せない。


「各駅の陸運会社と連合して、其の締めとなりて、大いに陸上交通の便を発達せしむ」という抱負を籠めて設定された会社名だが、その陸運会社がもはや自分達しか存在していない以上、元締めもクソもないであろう。


 ――ここは一番、よろしく社名を一新すべし。


 そういうわけで、この新たな状況に即した名を選定する必要が生じ、最終的に内国通運会社の称が採用されるに至るわけだ。


 一新したのは、社名のみにとどまらない。
 この機に乗じ、社章も新たに整えられる。


 最初内国通運会社では、日ノ丸の中に「通」の一字を白く抜いたデザインを以って己が社章と為す気であった。ところがこの草案を携えて駅逓寮に出頭し、前島密に許可を願うと、意外にも彼は一瞥するなり


「これでは何だか周囲が寂しい感じを受ける」


 と言い出してあからさまに難色を示し、判子を押そうとしないのである。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20200129170714j:plain

 


「まあ見ておれ」


 狼狽する社の使いをおもむろに制し、筆を取り上げ、暫らくその穂先を遊ばせていた前島だったが、やがて視線に力がこもると迷いのない手つきでこれを振るって、あっという間に日ノ丸の左右にアルファベットの「E」の字を書き加えてのけていた。


「どうだ」


 莞爾として微笑しながら、前島はこの「E」の由来を諄々と説いた。


 曰く、太平洋を隔てた先の米国では、目下アメリカン・エキスプレス・カンパニーというのが勢い甚だ盛んにして、国家の為に偉大な功績を挙げつつある。


「諸君らが模範とすべき対象として、これより相応しいものはないだろう」


 じゃによって、須らく社章にEXPRESSの頭文字たる「E」を加えて業務に出精、彼らの如く我がくに交通業こうつうぎょうの発展に尽瘁せよ。――前島の説諭を要約すると、大方こんな具合になる。


 なるほど新帰朝組の前島らしい、至極ハイカラな考案だった。イギリスに渡り、列国の郵便・運送事情を皮膚で学んだ彼ならではの発想だろう。

 

 

Maejima Hisoka

Wikipediaより、幕末期の前島密) 

 


 頭取を務める吉村甚兵衛副社長たる佐々木荘助にも異存はない。謹んでこれを押し頂き、斯くて

 

E🔴E


 のマークを印した社旗が、日本全国、至る処の青空に翩々として翻る光景が現出する運びとなった(中心の🔴に白く抜かれた「通」の字は、どうか皆様方の脳内で補完していただきたい。己が技術力の至らなさを憾むばかりだ)。


 以降、半世紀以上に亘ってこのマークは些かの変更も加えられぬまま用いられ、人々の網膜に親しまれた。


 このあたりの機微を『国際通運株式会社史』の古色蒼然たる表現から拝借すると、

 


 仮令たとい欧米列強の国旗を知らざる者といへども、尚ほE🔴Eが当社の社章なることを知らざるものなき程、普く世に知らるるに至れたり。(129~130頁)

 


 ざっとこのような塩梅になり、なんとも誇らしげな様子が目に浮かぶ。
 現在の日本通運ロゴマークにも、明らかに当時の名残りが見て取れるだろう。

 

 

Nittsu logo

Wikipediaより、日通ロゴ) 

 


 前島密が範に採ったアメリカン・エキスプレスはその後金融業へ舵を切り、クレジットカードの草分けとなった。略称のアメックスAMEXで呼んだ方が、或いは理解が早いだろうか。


 これもある意味、「外国に追いつけ、追い越せ」の一典型だ。前島の鼓舞を大いに受けた内国通運会社は、国際通運株式会社日本通運株式会社と度重なる改称を経ながら、しかし荷物を運ぶという根本的な業務内容に変更はなく、今日も忙しく道路上を行き来している。

 

 

トミカ No.77 日野プロフィア 日本通運トラック(箱)

トミカ No.77 日野プロフィア 日本通運トラック(箱)

  • 発売日: 2015/03/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ