穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

夢路紀行抄 ―星の丸み―

 

 夢を見た。


 断崖を、延々下り続ける夢である。


 それも『デスストランディングに登場する、ロープ用パイルを使いながら。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20191118170159j:plain

 


 パイルを突き刺し、ロープを垂らし、右に左にトラバースを繰り返しつつ下降してゆく。
 ロープの限界、30メートル圏内に、次の下降の起点と為し得るポイント――パイルを刺すのに格好な岩棚を求めながら。


 そんなことを幾度となく繰り返すうち、自分が取りついているこの壁のことも分かってきた。


 大海原の真っ只中に聳え立った円柱だ。


 円周は、そう大したことはない。どんなに多く見積もっても、20メートルは超えないだろう。


 尋常でないのは高さの方だ。私が居るのは中腹あたりのはずなのに、その段階で既にもう、地球の丸さが見て取れる


 水平線が、はっきりと弧を描いて広がっているのだ。一万メートルか、下手をすればそれ以上。デスゾーン――どう足掻いても、人体が順応不能な高度。酸素濃度のあまりの薄さに、ただ呼吸しているだけで体力がどんどん削られてゆく――を余裕で超える数字であって、もし現実にこんな場所に居たのなら、何も出来ずに死ぬ以外のどんな可能性も残されていまい。
 ましてや懸垂作業など、とてもとても。まさしく夢ならではの滅茶であった。

 

 

f:id:Sanguine-vigore:20191118170325j:plain

 


 星に突き立てられた箸とも言うべき、そんなとんでもない代物を、ただひたすらに下りてゆく。


 他の事件は何一つとして起こらない。


 壁面にへばりつくが如く繁茂する緑の苔に時折心癒されながら、飽きもせずそのことばかりを繰り返す。


 しかもそれで、奇妙なことだが、私は結構満たされていた。


 熱中していたといっていい。


 箸の例えにしろ、デスゾーン云々にしろ、すべて目覚めて以降に思いついた事柄だ。当時の私はまさしく夢中で、ただひたすらに行為自体を楽しんでいた。

 


 この感覚は、『デスストランディング』という作品自体にもどこか通ずる。

 


 荷物を背負って、オープンワールドを移動するだけ。ただそれだけのゲームであるのに、何故か不思議と中毒になる。


 面白さを説明するのが難しい、なんとも評価に手を焼かされるゲームであるが、まさか夢にまで影響するとは。頭脳よりも、無意識――本能に訴える魅力があるということか?

 


 ついでに一言しておくと、私は「箸」を下りきる前に夢から醒めた。


 これで今夜の夢が「中断ポイント」から再開されたりしたならば、ホラーの気配も湧いて来るが、さて。

 

 

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ