穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

『隻狼』戦績

 

 3月28日深夜、『隻狼』エンディングに到達。
 プレイ時間、37時間4分21秒。
 噂に違わぬ、常軌を逸した難易度だった。


 こころみに、各ボスを斃すまで何度の死を重ねたか列記しておく。当然ながら重大なネタバレを含むため、注意されたし。

 

 


 鬼刑部――――――初見撃破
 まぼろしお蝶―――7回
 葦名弦一郎――――4回
 四猿―――――――初見撃破
 獅子猿――――――3回
 獅子猿(二度目)―初見撃破
 梟――――――――初見撃破
 破戒僧――――――7回
 宮の破戒僧――――4回
 義父―――――――29回
 怨嗟の鬼―――――8回
 ラスボス―――――36回


 総計、98回

 

 


 存外、少なく済んだように感ずるやもしれないが、これはあくまで「本当の死」に限った数字だ。
 回生や中ボス、道中の雑魚に殺された回数をも含めれば、おそらく3倍近くに膨れ上がることだろう。
 死にゲーの看板に偽りなし。あらゆる意味で、フロムは期待に応えてくれた。大満足の出来である。


 現在、トロフィー達成率59%、残るエンディングはあと3つ。

 

 狼の旅はまだまだ続く。呪詛と執念、愛憎渦巻き生死のさかい混濁したる葦名の地で、まだ、血の海に溺れていられる。


 なんと心地よきことか。

 

f:id:Sanguine-vigore:20190329171248j:plain

 

 

 


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
この記事がお気に召しましたなら、どうか応援クリックを。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ