穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2020-03-06から1日間の記事一覧

『母国印度』 ―志士ラス・ビハリ・ボースの詩―

東恩納寛惇の『泰 ビルマ 印度』を読んでいて、ちょっと気になったことがある。 インド亜大陸を紀行中の東恩納の想念に、しばしば「ボース」という名が登場するのだ。 釈迦の時代から変わらず――否、下手をするとそれ以上の酷烈さで――運用されるカースト制度…