穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-10-07から1日間の記事一覧

皇族と馬 ―名馬墨流號物語―

先日の記事に引用した栗原広太著『明治の御宇』には、動物の話がふんだんにある。 たとえば馬だ。 機械力の未発達なこの時代、生活の随所に活用されていたのは動物力こそであり、特に牛馬は農耕・輸送・数多の面でなくてはならない存在だった。 人間と馬との…