穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-09-18から1日間の記事一覧

ドン・バルトロメオ譚 ―「最初のキリシタン大名」について―

父親の葬儀で位牌に焼香をぶっかけたというのは織田信長のあまりにも有名なエピソードだが、戦国時代にはこの逸話に匹敵するか、あるいはもっと凄まじいことをやってのけた奴がいる。 肥前の大名、大村純忠のことである。 この男があるとき祖先の仏寺に参詣…