穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-08-31から1日間の記事一覧

松尾芭蕉の辞世観

松尾芭蕉の面上に、老いの影が深くなりはじめた頃のこと。 弟子のひとりが彼に向かって、 ――今まで詠んだ句の中で、辞世にしても差支えのない名吟は幾つありや。 といった趣旨の問いを発した。 これを聞いた俳聖は、しばらくその弟子の顔をじっと見つめて、…