穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-08-01から1日間の記事一覧

大倉喜八郎と彰義隊 ―豪胆さと高潔さ―

その日、彰義隊は一人の商人を詰問していた。 元乾物屋で、黒船来航を機に今後鉄砲の需要が高まると見抜き、見抜いた以上ははやばやと鞍替えして神田和泉通りに銃砲店を開いていた男である。 名を、大倉喜八郎。 建設、化学、製鉄、繊維、食品等々、数多の事…