穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-07-09から1日間の記事一覧

夢路紀行抄 ―焼け跡―

よほど現状に不満があるのか、夢の私は学生時代に戻っている率が非常に高い。 今日の夢もそうだった。といっても、正確には半々だが。 修学旅行生として荷造りをし、バスに乗り込んだところまではよかったのだが、座った席はどういうわけだか運転席。子供の…