穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-05-19から1日間の記事一覧

禁じ得ざるもの

杉村楚人冠が当時にあって如何に柔軟かつ先進的な考えの持ち主だったかは、明治四十年十二月十五日、上宮学院で行った演説ひとつを見てもわかる。 無分別な若い男女が相愛して、上(のぼ)せ上がって居る所へ親父が水を入れる。之を日本語で「生木を裂く」と…