穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-02-14から1日間の記事一覧

私的生田春月撰集 ―厭世・悲観・虚無 其之弐―

読むだけで気が滅入り、生きているのをやめたくなる詩句が延々と続く。 しかしこの、細胞が指先から徐々に死滅して行くような感覚が、段々と気持ちよくも感じられてきてしまう。 癖になるのだ、春月は。 憎まれて憎みてはてはのろはれて のろひてわれやひと…