穢銀杏狐月

書痴の廻廊

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-02-03から1日間の記事一覧

夢路紀行抄 ―雷の巣―

夢を見た。 紫電閃く夢である。それも一本や二本ではない。突如としてこの関東平野の一角に、マカライボの灯台が如き稲妻の雨が出現したのだ。 至近距離に落ちた際、電化製品から飛び散った火花の鮮やかさを今なおはっきり記憶している。 が、ありようは何て…