穢銀杏狐月

穢銀杏狐月

事は起すに易く、守るに難く、其終りを全くすること更に難し。努力あるのみ。一途に奮励努力せよ。

2019-01-31から1日間の記事一覧

書見余録 ―魅力的な鈴木三重吉―

眼が大きい。それも光沢に富んだ眼だ。 鼻梁が一本すっきり通り、その整然さは定規で引いたさながらで、この顔を前にするとき、私は如何にも明治人を見る思いがする。 この顔の持ち主こそ、鈴木三重吉(すずきみえきち)に他ならない。 1882年誕生、1936年没…